近年増えてきたセカンドパートナーという関係。不倫とどう違うの?と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事ではセカンドパートナーとはどんな関係のことを指すのか、どの程度の距離を保って付き合っているのかなどをご紹介します。

セカンドパートナーとは?

セカンドパートナーとは単なる男女の友人関係ではありません。カップルがするようにデートをしたり、会話を重ねたりして恋愛関係を楽しむのです。

配偶者を「ファーストパートナー」とするため、この関係にある人のことを「セカンドパートナー」というのです。

セカンドパートナーを求める人とは

たとえ愛し合って結婚した相手でも、長年一緒に連れ添っていると刺激が少なくなったり、異性ではなく「家族」と感じてしまったりすることもあります。

また夫婦仲がうまくいかず、不満を溜めている人も少なくありません。もう一度ときめくような恋をしたい、恋人同士のような気軽で楽しい時間を過ごしたいという人が、セカンドパートナーを求めることが多いようです。

セカンドパートナーと不倫の違いは?

よくセカンドパートナーは不倫相手と混同されますが、厳密にいうと不倫相手ではありません。

配偶者とセカンドパートナーの一番の違いは肉体関係です。二人の間に肉体関係などは一切なく、あくまでデートや会話を楽しんでいるだけです。体の関係を持ってしまうとそれは「不貞行為」となり、不倫になってしまいます。

セカンドパートナーの役割とは

セカンドパートナーには、配偶者になかなか求められないことを求めている人が多いです。たとえばひたすら悩みや愚痴を聞いて欲しい、趣味を一緒に楽しんで欲しいなど配偶者と一緒にできないことを、セカンドパートナーに求めるのです。

そうすることで心を満たし、ストレスを溜めずに生活できるようになります。

セカンドパートナーとの付き合い方

配偶者とも友人とも違うセカンドパートナーという特殊な関係は、付き合い方を心得ておく必要があります。以下がセカンドパートナーとして付き合う上で覚えておきたいことです。

一定の距離を保つ

セカンドパートナーとは恋人同士のような関係といえども、お互い既婚者の場合も多いです。

そのため一定の距離を保ち、節度のある付き合いをすることが大切です。たとえばあくまで自分の家庭を優先すること、デートの約束を無理にしないことなどが挙げられます。

肉体関係は持たない

セカンドパートナーと付き合う上で大切なことが、肉体関係は持たないということです。

肉体関係を持ってしまうと、それはもう不倫です。またキスなども不貞行為とみなす場合もあり、それ以上の関係に発展しやすくなります。セカンドパートナーはあくまで「精神的な支え」を元に成立している関係です。必要以上の肉体的な接触は避けるようにしましょう。

お互いの家庭に干渉しない

お互い既婚者の場合は家庭に干渉しないことも大切です。恋人のような関係を求めていると「もっと会いたい」「話したい」と感じることもあります。しかし一番に考えるべきなのはあくまでお互いの家庭です。

また不倫ではなくとも、セカンドパートナーという関係を良く思わない配偶者もいます。そのため相手の家庭には一切干渉しないようにしましょう。

セカンドパートナーを持つことのメリット

日常生活に不満を持つ人にとって、セカンドパートナーがいるとさまざまなメリットがあります。

どんなメリットがあるのかご紹介します。

心に余裕を持てるようになる

生活に不満を持っていたり、配偶者になかなか愚痴を言えなかったりすると、どんどんストレスが溜まってしまいます。

そこでセカンドパートナーという信頼できる人間に家庭の悩みや愚痴を聞いてもらうことで、心にあった淀みを吐き出すことができます。セカンドパートナーも既婚者の場合、悩みに共感してくれることも多いでしょう。するとストレス解消にもなり、心に余裕を持って過ごせるようになるのです。

生活に楽しみが生まれる

これまで惰性のように過ごしてきた日常にも、セカンドパートナーがいることで楽しみが生まれます。一緒に趣味や食事を楽しんだり、次のデートの計画をするだけでも、日常にハリが生まれてくるのではないでしょうか。

若さを保てる

人は「誰かに見られている」「誰かと定期的に会う予定がある」と思っていると、ファッションや美容に気を遣ったりします。

そのため何歳になっても若さを保てるという人が多いのです。これはセカンドパートナーに限らず、普段人に見られる仕事をしている芸能人や接客業などの人も、若さを保てる人が多いです。さらに普段から若く美しい配偶者の姿を見て、本来のパートナーとの仲も良好になる場合もあります。

セカンドパートナーがいることで人生が楽しくなる

セカンドパートナーは不倫とは違う新しい男女の関係です。体の関係は持たず、あくまで「精神的なつながり」を大切にします。

誰かに話を聞いてもらいたい、一緒に趣味を楽しめる人が欲しい、恋人同士の時のようなときめきを思い出したい人は、考えてみてはいかがでしょうか。